PLEAST


Freedom,Hill

株式会社プレストはマンション経営に関するプロの集団。是非、株式会社プレストにお任せください。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不動産投資は利益を得るだけでなく、節税目的に行うこともできます。福岡で不動産投資をする時は土地価格が上昇する地域を選ぶことも大切です。不動産投資は節税にも有効ですし、キャピタルゲインやインカムゲインを得ることもできます。購入時の価格を上回る価格で不動産を売却することで、不動産投資でキャピタルゲインを得ることができます。経年劣化のない土地不動産は減価償却できないのです。インカムゲインを得る目的でマンションを購入する時は、立地条件をより重視する必要があります。マンション投資は投資額が大きいぶんリスクも高くなります。駅から近い人気の物件であることはとても大切です。立地条件が良いと賃料収入を安定化させることができて、効果的なマンション投資とすることもできます。節税目的で物件を購入する時は、経費を増やして上手く課税額を減らす必要もあります。物件を購入するには様々な費用がかかり、諸費用は物件の1〜2割程度と考えることができます。建物は劣化していきますので、上手く減価消極することで節税することもできます。事業として不動産投資をする時は、減価償却で赤字が出る事業を組み合わせることも大切です。法人として不動産経営をする時は、配偶者を役員にして所得を分散することが節税することも可能です。税対策をする時は、制度の変化に注目して様々な控除を活用することも大切です。不動産投資は長期投資として人気があります。借り入れ金によって投資して、資産価値が上がるにつれて含み資産が増えていきます。借り入れ金を活用する投資は、効率性がとても高いです。不動産投資はミドルリスクミドルリターンといわれています。節税目的で投資をする時は、相続税の税率の変化なども考慮する必要があります。投資をする時は税制や様々な制度などの活用を考えることが大切です。投資を開始することをきっかけに様々な知識を得る人はとても多いです。低金利の時代し不動産に対する注目がとても高まります。
Tagged on: , PLEAST