図面トレース・cadデータ変換


<会社URL:https://setup-asdesign.com/

Freedom,Hill

図形トレースやcadデータ変換は作図専門会社「株式会社 セットアップ」にお任せください。専用スキャナと専用ソフトを使用し、建築図面・土木図面・機械図面などの手書き図面を線データに変換いたします。図形のことなら何でも、お気軽にご相談ください。

設計事務所の関連情報

設計事務所(せっけいじむしょ)とは、設計活動を主とする営利の業務をおこなっている職場、事務所の呼称。設計業務を事業者として行う者の職場・事業所などを指す。
※テキストはWikipedia より引用しています。

建設会社では受注したビルを建設する前に、大量の図面を描かなければなりません。この図面は設計図面と称されています。一昔前までは、大型ドラフターを使って図面を製作するのが当たり前でした。西暦2000年を境にして異変が起こりました。コンピューター技術を駆使して図面を描けるようになりました。 CAD と称されるコンピューターを利用した図面を描く技術はとても便利なもので、一度導入すると、もう後戻りができないくらいです。ところがここに一つ問題があります。昔ながらのドラフター使って図面を作成する人がまだたくさん残っているのです。困るのはこれらの手書きの図面を、コンピューターを使ってデータ化しないと、今時の建設会社で使える図面となり得ないことです。心配は要りません。手書き図面のデータ化を専門とする会社があるからです。これは図面のトレースと称されていますが、昔のトレースと違って 、今のトレースは、手書きの図面を電算化するということです。専用スキャナーなどを使って取り込んだ手書きの図面を、専用ソフトを使って電算化すると言う画期な技術です。 コンピューターを使って、手書きの図面を変換しますので、とても素早く仕上げることができます。仕上がりの図面の美しさは言うまでもありません。今では建設業界の設計図面は、すべて CAD を使って描かれるようになりました。これも時代の流れでしょう。建設会社といってもその規模はさまざまです。建設会社によっては、手書きの図面しか準備できないような会社もあるはずです。そういう会社であれば、手書き図面を線データに変換してくれる会社に図面の変換を依頼するのもひとつの道ではないでしょうか。今時のトレース技術は凄まじいです。コンピューターの技術の発展に伴って、 CAD の技術も革新的に発展し、それで図面のトレースで経営が成り立っている会社がたくさんあります。発注する前に、サイトなどで図面の見本などを参照して決断するのが間違いないところです。 建設現場で一番使われるのは A 3サイズの大きさの図面です。 A 3サイズであれば3000円からトレースしてくれる会社もあります。
Tagged on: , 図面トレース・cadデータ変換